大人ニキビをケアする方法を徹底追求!

大人にきびは自分自身と向き合い、自分自身を大切に扱うことによって治るかも

25歳を超えるぐらいから、決まった時期ににきびが出来るようになりました。
生理の4日前くらいからおでこと顎の部分に頻繁に出来るようになりました。

 

普段は、オイリー肌ではないので、あまりにきびは出来ません。
やはり、ホルモンの関係なのか、生理前、生理中ににきびが出来てしまいます。

 

にきびが出来ると気分が落ち込みますよね。
特に鏡をみると、げんなりしてしまいます。
ついつい、気になって触ったり、つぶしたりしてしまいます。

 

しかし、それは逆効果で、さらに悪化させてしまいます。
最近は、期間限定の物だと言い聞かせています。
そしてきちんと洗顔をしてにきびの部分を清潔に保ち、触らないようにしています。

 

にきびがあると美容に悪いような気がしまいますが、
自分の肌と向き合う良い機会だと思います。

 

肌に良いことは何かなとか自分自身のスキンケアの見直しなど、
さらに美容術のアップにつながると思います。

 

にきびって体の中の悪い物質が出てきていると思えば、
にきびが治ることで体の中が浄化できると思えませんか。

 

しかし、あまりにも酷い場合は、自己流の治し方ではなく、
皮膚科に行くことをお勧めします。

 

やはり専門家の見てもらうことで正しい治療とアドバイスがもらえ、
自分自身も安心出来ます。

 

専門家に見てもらったということで、
精神的にも安定して治りも早くなるような気がします。

 

大人ニキビは、ホルモンバランスの崩れ、
精神的な悩み、不規則な生活など色々な要因が考えられます。

 

自分自身と向き合い、自分自身を大切に扱うことによって良くなっていくと思います。
にきびが出来たら、落ち込まずに、自分の生活、
自分の心を見直す良い機会だと思うようにしています。

 

あとは、にきびができても、同僚に明るく
「にきびできちゃった!!最悪やわあ」と明るく言ってしまいましょう。
以外にふっきれるものですよ。